プロミスの審査基準!年収200万円以下でも審査に通る方法!

プロミスの審査基準!年収200万円以下でも審査に通る方法!

ホーム » プロミスの審査基準に必要なのは次の3つです!

プロミスの審査基準に必要なのは次の3つです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスの審査を受けるために必要な項目は次の3点です。1.安定した収入がある2.返済履歴がキレイ3.必要書類を正しく用意する この3つをクリアできていれば、年収に見合った限度額を設定でき、その範囲内でお金を借りることができるのです。多重負債に陥らずに、安全確実に返済できることを証明できれば、年収が少ないことは障壁になることがありません。 では一体どうすれば、お金が借りられるのか、その詳細を以下に説明いたします。 

年収が200万円未満でもプロミスの審査にはちゃんと通ります!

プロミスに限らず、消費者金融の一般的な目安として、借入額は年収の1/3以下になります。これは、総量規制という法律で決まっているもので、まっとうな金融事業者であれば、その法律をきちんと守っています。当然プロミスもこの法律を守って営業しているわけです。 この総量規制という法律は、借入主が多重負債を抱えないようにという救済的な措置として定められたものですので、この限度額を超えなければ、きちんと滞りなく返済できます。 実はこの総量規制というのは、銀行等の住宅ローンでも、借入限度額の目安にしているところが多いのです。 年収が200万円の場合借入限度額は60万円以下になり、年収が150万円なら限度額は50万円以下となります。この限度額を超えなければ、審査条件最初の壁をクリアすることができます。 

プロミスの審査に通過するために必要なこととは?

プロミスの審査をパスするために大事なことは、先に述べた、限度額を適正な額にすること以外にもいくつかあります。(1)継続的に安定した収入があることを書面で証明すること。(2)過去に返済事故がないこと。(3)審査に必要な書類をきちんと提出できること。の3点です。 これもプロミスに限ったことではなく、どこの消費者金融でも同じことです。要は、無理なく返済できること、きちんと返済できることを証明する必要があるのです。これラをきちんと用意できれば、審査にパスする可能性が高くなります。 では、上記の3点について、それぞれの詳細を次に説明します。 

1.安定した収入がある

「継続して安定した収入があること」とはたとえ少額であっても、毎月給与収入があることを証明できればいいのです。 勤め人であれば、毎年1月に会社から発行される源泉徴収票があると思いますので、それを用意してください。医療費控除のために、税務署に提出してしまった場合は、その確定申告書の控えがあれば、それでOKです。 個人事業主であれば、毎年の確定申告での申告書の控えを用意すればいいです。 パートやアルバイトで収入を得ている方は、上記の書類が用意できないわけですが、その場合には、直近2ヶ月分の給与明細書を用意してください。 必要な書類というのは、用意するのに特に面倒なものはないので、誰でも簡単に用意できます。 これで、一つ目の条件はクリアできました。 

2.返済履歴がキレイ

では、2番目の「返済履歴がきれい」という点について説明します。 これは、借主の金融上の信頼度を証明するもので、借主が過去に返済事故をおこしていないかが問われます。要は、「貸した相手は月々滞ることなくきちんと返済してくれる」という貸主側の信頼を得るものです。 では、返済事故とはいったいどういうものなのでしょうか?返済事故とは下記の1つ以上に当てはまることを言います。(1)滞納:    過去に61日以上あるいは複数回返済が滞ったことがある。(2)代位弁済: 過去に保証人や保険会社が返済したことがある。(3)債務整理: 過去に自己破産等で債務整理したことがある。(4)強制解約: クレジットカード会社等に強制解約されたことがある。 こういった履歴のない方であれば、審査条件はクリアできます。また、事故履歴のある方でも、一定期間過ぎていれば問題になることはありません。滞納や代位弁済の場合は5年、自己破産の場合は10年を経過していれば、ブラックリストから削除されます。 

3.必要書類を正しく用意する

最後に、「必要書類をそろえて提出する」について説明します。必ず必要になる書類は2つあります。 1つ目は身分を証明するものです。これは顔写真と住所が記載されている公的なものになります。運転免許証かパスポートを用意してください。 2つ目は安定した収入があることを証明するものです。先に述べたように、泉徴収票、確定申告書、給与明細書(2ヶ月分)のどれか一つを用意してください。10万円程度の少額融資の場合、収入証明が必要ない場合もありますが、それはあくまでも貸主側の判断になりますので、必ず準備しておいたほうが良いでしょう。 基本的にはこの2つの書類がそろっていれば、審査を受ける準備は完了です。 稀に、その他の書類の提出を要求されることがありますが、その場合は貸主側の指示に従ってください。 

さらにプロミスの審査に通過する可能性を上げるには?

上記の準備が整っていれば、基本的に審査にクリアする可能性が高まります。 ですが、より確実に融資を受けようと思うのであれば、限度額を低く抑えてください。できれば50万円未満がお薦めです。実は50万円未満の限度額であれば、収入証明書が不要になる場合もあるんです。「無理なく返済できる」という安心感を得るためには、必要以上にお金を借りないことが重要です。そうすれば、審査にクリアする確率はグンと上がります。 複数社に同時に融資を受けようとする場合は、要注意です。総量規制はプロミスから借り入れる負債だけが対象ではなく、他の金融機関から借り入れているものも合算されます。可能であれば他社の返済をすましてから、プロミスの審査を受けることをお薦めします。 もし万が一ほかの金融機関での借り入れがある場合、審査の際に尋ねられたら、そこは正直にお答えください。ここでごまかすようなことがあると、心証が悪くなり、審査にパスすることが難しくなります。なぜならプロミス側はあなたの借入れ状況をきちんと把握しているからです。 

プロミスなら最大30日間無利息キャッシングできます!

これまで説明したことを確認しましょう。審査を受ける前に準備する書類は2つです。(1)身分証明書(2)収入証明書 このほかに事前に準備する事があるとすれば、自分がブラックリストに載っていないかを確認しておくことです。手数料1000円を支払えば、指定信用情報機関CICのホームページで簡単に即日で確認することができます。 最後に、お得な情報を1点お伝えしておきます。初めてプロミスをご利用されるという方は必見です。プロミスでは初めて借入れたお客様に対して、30日間無利息というキャンペーンを行っています。30日以内に返済すれば元金だけで済むのです。どこの消費者金融から借り入れようか悩んでいるのであれば、プロミスをお薦めしますよ。まずはプロミスのホームページを見てみましょう。 >>プロミスの詳細はこちら!<<

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー